ここで会ったが木曜日

木曜日は『木曜日の話』月曜日は『月曜日の辞書』

森猛 伊亮

森猛 伊亮
中学校卒業後、不動産屋や大工、果ては証券屋やボーイなど様々な経験をつみながら、デンジャラスかつクレイジーな生活を経て、2013年より独立。

詳しいプロフィールはこちら

皆さんに拡散して頂きたい内容

f:id:kokomokumoritake:20210921121537j:plain


本日はお忙しい中お越し頂き、本当にすみません!

先日はご覧頂いてありがとうございました!

森猛です。

いつもの調子でつらつらと書くと前置きが長くなりますので、無礼を承知で飛ばします。

前置き↓
先週の『はてなブロガーの皆さんちょっと助けてぇぇーー!』




で、今回皆さんに拡散して頂きものは下記の二つで、両方、あるいはどちらか一つでも助かります。

店舗HPの支援提供開始のお知らせ


店舗公式ツイッターの支援提供開始のお知らせ



尚、文末の『森田圭介』というのは、森猛伊亮→モリタケ イスケ→モリタ ケイスケ森田圭介。

私の本名です。




内容は二つともほとんど同じで、要約すると下記の通りです。


市に聞いたところコロナ禍でバイトや職を失った学生や家庭が想像以上に多い。
その中でも食べる事さえ困難で、市などから支給される非常食などに頼る人が物凄く増えた。
ちょうど森猛の会社で、弁当店の事業部を立ち上げたところだった。
市の福祉協議会を通じて、森猛の会社の弁当をコロナ禍で苦しんでいる人達に無償提供させて頂く話がまとまる。
それの告知。


以上です。




拡散の方法は皆さんにお任せ致します。

店HPのお知らせをはてなブックマークやツイッターやインスタグラムなどのSNSで共有して頂いたり、可能であればブログやカクヨムなどで紹介して頂いたり、単純にツイッターのお知らせをリツイートして頂いたり。

皆さんの出来る範囲でご協力頂ければ、本当に助かります。




拡散して頂きたい目的は二つあります。



一つは単純で、もちろん必要な方に情報が届く様に。



そして、もう一つの目的が、こういう社会貢献のやり方があるんだな、と色んな人に知って頂きたい!

凄く。

私の会社が弁当屋を出店したのは、私が少年期を過ごした大阪の枚方市という大きくも小さくもない街なのですが、市の機関などに行きますと、かなりの数の困窮された方々がおられます。

そしてもちろん枚方市だけではなくて、近隣の市や全国の市町村でも同様の事が起こっています。

しかし、私の会社の弁当屋では一日の生産量や財務的観点から鑑みまして、一日10食で40日程度、計400食程度の無償提供が現実問題として限界となります。

全国で圧倒的に足りないんです。

物資が。

私がやろうとしている食料支援というのは、意外と簡単に出来るもので、カップ麺一つから出来ます。

『森猛の会社の様な小さな会社が出来るなら』と、どこかの会社や個人の誰かが追随して頂ければというのが最終的な目的です。




こういう個人的な取組みに皆さんを巻き込んで、本当にごめんなさい。

一見すると社会の為に貢献しようとしている様に見えます。

しかしなんの事はない、これは飯が食えず、つらかった時期のテメェを投影して、テメェでテメェを救おうとするという、至極個人的な行いです。



私にとってはとても正しい事をしようと思っているのですが、皆さんにとって正しいかどうかはわかりません。

それでももし、少しでも『こんなん良いな』と思って頂ければ、ご協力の程宜しくお願い致します。

助けて下さい!


何卒、宜しくお願い申し上げます。

森猛 伊亮





拡散をお願いしたい内容

店舗HPの支援提供開始のお知らせ


店舗公式ツイッターの支援提供開始のお知らせ